のりもも日記

ももとてんてん、そして天& のりもも家ののんびり日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はふと会社帰りに考えた

うちのももてんてんは、今両方病院通い。
ももは相変わらずの外耳炎。
手術して垂直耳道を切除した。それは成功。
判断も間違ってなかったなって思う。耳は完全にふさがってたし。
けれど、まだ奥にいっぱいの菌がいる。
菌は抗生物質で倒していくが、それでも耐性できたりで
なかなか。。。。
やはり根本的治療が必要なんだなって思う。
よくアレルギーを聞くけれど、耳だけ出る子もいるらしい。
ももは他の部分はそんなにアレルギーじゃないけど、
耳だけひどい。
なんとか耐性付けさせず菌に負けない体作りが大切なのかもしれない。

てんてんは、肥満細胞腫。
パグは比較的良性だと言われるが、そうでない子もいる。
実はてんてんは安易なものではないんじゃないかとも危惧してる。
これはあくまで私の覚悟。
だから自分の中で最大限覚悟しながら、てんてんの寿命を全うさせてやりたいって思う。
今は抗癌剤で叩く。それが最良。
てんてんが比較的肛門腺の炎症だけで済んで痛がったりしたないのが幸いしてるけど。
けど、叩けているかな?まだ癌の物体はそこにいます。
どうやら癌は増殖するが、その元となるものもいる?らしい。
その部分まで叩けるのか。
肥満細胞腫は抗癌剤の効き目は放射線に比べればあまりないって言われてる。
でも、今現在ある治療法で多発ならば、ここで叩くしかないかとも思う。

てんてんは元気。ご飯、便共々快調。愛想も良し。甘えた良好。
天の倍以上生きて欲しいと、てんてんと名付けた。
倍以上生きてくれた。けど15年は元気でいて欲しい。
あと9年。
一緒に生きて行こうね。てんてん。

それから今はどちらかと言えば後回しになってるももっぺ。
耳は悪いけど、ご飯、便共々快調。時々わがまま。
けど決して私のそばを離れない。
あなたも後、6年は一緒にいるのだぞ。覚悟しとけ。
スポンサーサイト

コメント

あそこのパグちゃんは、どぅなってるの?妖怪??って
言われるぐらい長生きして欲しいよね。
私も、ぺけが病気になってから、免疫が落ちんような
体作りが必要かも知れんな~って漠然と考えました。
で、免疫については、ただいま勉強中。


こんだけ、のりももちゃんに大事に思ってもらってる
ももとてんてん・・・・
2人とも、きっと長生きしてくれるはず。
老後のお世話する覚悟しとかんとね。のりももちゃん!

ほんと、「妖怪?」ぐらい長生きして欲しい~~~
それも元気で!

最近、いろんな人のサイト見てると
犬の治療に対する姿勢も考えさせられる。
延命治療は如何に?とも思うし。

あ、でも、てんてんは全然そんな事になってないので
考えすぎっていや、考えすぎやね(^^;

こんばんは。

お母さんに愛されて、みんなに愛されて
幸せいっぱいでうんとうんと長生きしてほしいですね。
ホント「妖怪?」って言われるくらい長生きしてほしい。

>最近、いろんな人のサイト見てると
>犬の治療に対する姿勢も考えさせられる。

私も同感です。
本当にイロイロなことを考えさせられます。
いくら長生きだって、本人が辛くて苦しいのなんて
ちっともうれしくないし・・・
QOLが確保されてこその長生きと思います。

15歳になっても、元気に走り回って、盗み食いもしちゃうような元気な元気な“妖怪”でいられますように。

追伸

リンクさせて下さいね。
これからもよろしくお願いします。

さくらのママさん
お返事おそくなって申し訳ありませんでした。

本当に元気な“妖怪”目指して頑張りましょうね!

リンク、こちらこそよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://norimomo.blog35.fc2.com/tb.php/139-4a17d9db

のりもも

Author:のりもも
パグ
フォーン 9歳のももっぺ♀と
ブラックの6歳 てんてん♀

てんてんは
昨年肥満細胞腫が発覚!!
おまけに足の指間で大きく切除はできず、
そして他にも肥満細胞腫が、、、
検討の結果、抗癌剤治療を選択しました、

ももっぺは何故だかお腹に炎症が!!
色素沈着で腹黒になってしまいました(泣)
現在治療は試行錯誤の毎日です。

飼い主はパグが大好き!
お酒が大好き!
毎日晩酌です!

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。