のりもも日記

ももとてんてん、そして天& のりもも家ののんびり日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酔っ払いの独り言。

よく先に亡くなっていくワンにゃんに対して
「だから飼いたくなかった」「こういう時かわいそう」って言う人いる。

その気持ちはよくわかる。
なぜか?それは自分自身が辛いから。ただそれだけだと思う。
けれど飼いたくなかった?そんないままでの存在を否定するような事言わないで。

天が逝ってしまった時も少しは思った。
けれどね、天は私の中にず~~~~っといます。
それってすごくないですか?
確かに薄れたりする。
けど、ずっと心の中にいます。
薄れても天の存在は忘れる事はない。
私が覚えてるんじゃなく、一緒に暮らした思い出や後悔や喜びや
いろんなものを一緒に抱えてるから。

どうか、死んだ事を悲しまないで。
私もいずれくる先に逝ってしまう、ももてんてんの事「辛い」なんて思わない。

それまでは精一杯一緒に生きようね。
スポンサーサイト

コメント

一緒に生活したわんを見送ること・・・
これは飼い主に与えられた最大の責任やと思う。
ちょこんとおすわりして、私等の話に耳を
傾けたりしてくれるわん・・・
こんなかわいい子達を残して、自分等が先に
逝ってしまうのは、酷すぎる。

えっ!
ぴぃさん、なんかあったの???
先に逝く?
一緒に暮らしたワンを見送ること、、、
当たり前だよね。これを忘れてる飼い主が多いと思う。
あ、もちろん私の周りにはいないけど。

そうですよね・・・
愛情を注ぎ続けた子を失うのは
耐えがたい悲しみ、喪失感でしょうが
一緒に過ごした日々を「なかった方が良かった」なんて絶対に思わないでほしいですね・・・

一緒に過ごした時間、いっぱいの思い出、笑顔、
人間にとってはその一生の一部、わんこにとってはその一生の全て・・・
かけがえのない大切な大切な時のはずですから・・・
もちろん、笑顔で見送る・・・ことは難しいでしょうが
愛しい子が安心して逝けるよう、最後まで責任をもって見届けたいですね。

本当にさくらママさんの言う通り!!
日々一緒に生きて、そして最後をちゃんと見届ける。
歳を重ねてきた、ももてんてん見てると
歌じゃないですが、何でもないような事が幸せだと感じます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://norimomo.blog35.fc2.com/tb.php/142-ab7f2214

のりもも

Author:のりもも
パグ
フォーン 9歳のももっぺ♀と
ブラックの6歳 てんてん♀

てんてんは
昨年肥満細胞腫が発覚!!
おまけに足の指間で大きく切除はできず、
そして他にも肥満細胞腫が、、、
検討の結果、抗癌剤治療を選択しました、

ももっぺは何故だかお腹に炎症が!!
色素沈着で腹黒になってしまいました(泣)
現在治療は試行錯誤の毎日です。

飼い主はパグが大好き!
お酒が大好き!
毎日晩酌です!

名前:
メール:
件名:
本文:

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。